Château d’ISSAN

偉大なるマルゴーの本質

皇帝の要請により制定された1855年のグラン・クリュ格付けで、第3級に選ばれたシャトー・ディッサン。 ワインは、アペラシオン「マルゴー」の中心に位置する、シャトー・ディッサンの囲い地の古木のぶどうから造られています。 土壌は主として、表面は河川礫層、地下深くは粘土で構成されており、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロという我々が栽培する2つのぶどう品種に、成熟とみずみずしさをもたらします。 マルゴー地区特有の素晴らしいブーケが表れたワインは、このテロワールならではのしなやかさ、繊細さ、気品、長期熟成のポテンシャルが特徴です。 シャトー・ディッサンは、樽(50%が新樽)で16~18か月間熟成されます。 年間生産量は、約10万本です。

クリュ2015

2016

アペラシオン「マルゴー」が素晴らしかったヴィンテージ 2015 に続き、ヴィンテージ 2016 は、全てのアペラシオンにおいて均質でバランスの取れたクォリティに仕上がっています。 冬には雨が降り続きましたが、1995 年にイッサンの囲い地内で実施された排水工事のおか げで、区画への水の供給量を調節することができました。6 月以降は晴天が続いたことで、 ぶどうは一様に豊かに開花しました。そして暑く乾燥した夏が訪れた後、9 月 13 日に降っ た恵みの雨がぶどうの木を目覚めさせました。9 月 29 日に始まり 10 月 19 日に終わった収 穫は、2010 年の収穫とよく似たものでしたが、量はより豊富でした。ぶどうの実を味見し た時点で既にスタッフたちは、見事にバランスの取れたこのヴィンテージの豊かさを認め ました。

ヴィンテージ

テクニカルシートとテイスティングコメント

200020012002200320042005 200620072008200920102011 20122013201420152016

ディッサンの他のワイン

BACK_TOP

メニュー